映画「天使と悪魔」用語解説

イルミナティとは

 

■イルミナティ

 

「天使と悪魔」作中に頻繁に出てくる秘密結社。
科学者達による秘密結社であり、科学を迫害しようとするローマ・カトリックに対向するために結成された。
この秘密結社の中心人物は、あのガリレオ・ガリレイであったといいます。

 

日本ではイルミナティが世界を支配するのではという陰謀説が人気ですが、
真相は闇の中と言われております。

 

イルミナティとはラテン語で「光に照らされたもの」を意味するが、後に宗教的な活動から「啓蒙、開化」をも意味するようになる。
近世以降、この名前で呼ばれた秘密結社が数多くある。
グノーシス的要素やテンプル騎士団、シオン修道会、アサシン、フリーメイソン、薔薇十字団との関連等を持つとされる。
なお、イルミナティに入るためにはフリーメイソンに入らなければならないという説がある。